FC2ブログ
   
01
1
2
7
8
11
12
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

今城跡

201901192130509d9.jpeg
可児市の今城跡に行って来たよ。
今公民館に車を停めて徒歩5分ほどで登城口に到着しました。
そこから本丸までは2分ほどで登頂!
さすが土田城とは違うわ〜。
恐るべし土田城でした。
しかし!田舎だからでしょうか。
公民館に停めた時から近所のおばあさんにジロジロ見られ、行きも帰りも何度も振り返られましたよ(・・;)
今公民館には今城跡の案内看板があり、道中城跡までの矢印があったので駐車して歩いていくのはOKだと思われます。
にも関わらず、そこまで見られたと言うことは私が相当不審者っぽかったのでしょう(・・;)
マジで通報されるんじゃないかと思ったわ。
やれやれ。
スポンサーサイト

続・桃太郎神社

20190115212450f11.jpeg
烏骨鶏がたくさんいたよ!
雛がかわいすぎた〜(*^^*)

桃太郎神社

20190114215441d4c.jpeg
犬山市にある桃太郎神社に行って来ました。
この神社、存在は昔から知ってたのですが怪しすぎて行った事がありませんでした。
行ってみたらやっぱり怪しかった!
まずは写真の猿がお出迎えしてくれました(・・;)
ギャグなのか?それとも真面目なの?
そもそも何で愛知県で桃太郎?
岡山県じゃないのか?
謎は深まるばかりでした。

山登り&お散歩

201901131944516e7.jpeg
昨日は美濃加茂富士山(通称山之上富士)に登って来たよ。
帰りにはぎふ里山清流公園でお馬さんを見て来ました。
こうして日々穏やかに過ごせたらいいな。

今日の晩御飯

201901102058349b9.jpeg
肉のひぐちの豚肉味噌漬けです。
この肉のひぐち、可児にある高級飛騨牛店なのですが、先日「マツコの知らない世界」でひぐちのレトルトハンバーグが紹介され、マツコが大絶賛してたのです。
ハンバーグは1個600円ぐらい。
結構高いですね~。
この豚肉味噌漬けはリーズナブルなお値段だったので買ってみましたよ。
そして今日の晩御飯になりましたが、なかなかおいしかったです。
そして後ろに写ってるのはローソンの豚汁。
最近めっきり見なくなったローソンですが、去年登った誕生山・天王山に向かう途中で何軒かみつけたのだ。
関市にはいまだにいっぱいあるみたい!
ちなみにこの豚汁は微妙でした(^_^;)
豚汁マニアの私は、結構あちこちの豚汁を買ってますが、今のところトップバリュの豚汁がナンバーワンです。
具がいっぱいでおいしい~。
しかし!家の近くのザ・ビッグには売ってなかったのでイオンネットスーパーで買うしかないのだ。
今度まとめ買いしよう。

話は戻りますが、結局ひぐちのハンバーグも気になって買ってしまったのでした。
600円の高級ハンバーグは来週私の晩御飯になる予定。
どんな味なのか乞うご期待!

可児市戦国山城ミュージアム

20190109205641348.jpeg
お正月休みの間に、気になっていた「可児市戦国山城ミュージアム」に行って来ました。
可児市のお城の他に、廃線になった八百津線の展示室や発掘品などもあり、マニアックながら結構楽しめました。
可児市には10の城跡があるそうです。
今まで私が行ったことのあるのが
大森城
美濃金山城
明智長山城
土田城
久々利城
の5城です。
また行ったことのない今城は近々行ってみる予定ですが、
・室原城
・塩河城
・吹ヶ洞砦跡
・羽崎城
に関しては登山道があるようなないような、城跡があるようなないような。
道が整備されるという情報もあるので、もう少し待ってみようかな。
明智長山城に関しては、広くて全部歩けなかったのでまた今度ゆっくり行ってみようと思います。
ちなみにマニアックなサイト可児市の乱にも詳しく載ってました。
マニアック過ぎる話題で失礼しました(^^;)

最終日

20190106224135f23.jpeg
お正月休み最終日はまたまた鳩吹山へ。
活動日記はこちら
今日はどこからも御嶽がくっきり見えました。
御嶽は悲しいほどきれいな山です。
御嶽がなければきっと登山はしてなかった私は、御嶽に特別な思いを抱いてしまうのでした。

ところで、私の母は登山をする人でした。
当時私は登山に全く興味がなく母親の登山話も当然興味がなくほぼ覚えてないのですが、母親が登った山で覚えてるのが恵那山でした。
恵那山を登るなんて結構な健脚だったのでは?と今では思います。
もし母が生きていたら今頃一緒に山に登っていたのかな?
そう思うとすごく残念な気持ちになります。
お母さん、68歳で亡くなるなんて早すぎるよ。
私はそれからずっと孤独だよ。
時々心が折れそうになります。
でもきっと、そばで見守ってくれているはず。
だからこれからの人生も強くたくましく生きていきます。

羊の木

20190105202715219.jpeg
富山県の魚深市役所で働く月末一は、6人の移住者の受け入れを担当することになる。
その6人は全員元受刑者、しかも殺人犯だったのだ。
チンピラに絡まれ相手を殺してしまい過剰防衛で捕まった宮腰一郎。
ヤクザの抗争で相手を絞殺した大野克美。
元暴行殺人犯(内容不明)で根っからのワルの杉山勝志。
パワハラに我慢できなくなり上司を殺した福元宏喜。
夫から暴力を受け続け、寝ている夫を撲殺した栗本清美。
変な性癖のある夫とプレイ中に意図せず夫を殺してしまった太田理江子。
個性の強い6人は徐々に町に馴染んでいきます。
そんなある日、魚深の伝統的なお祭りである「のろろ祭り」が開催される。
しかしのろろ祭りは雨で途中で中止になったのだ。
そしてのろろ祭りから平和だった魚深には悲劇が起こり始める。

お正月休み、ほぼ毎日昼からビールを飲んでます(^_^;)
そんな訳で、ビールを飲みながら見た「羊の木」です。
予告で見て設定がおもしろそうなので借りてみましたが、コメディだと思ってみたらめっちゃシリアスな映画でした。
びっくりだったのが錦戸亮くんの演技が抜群に良かったこと。
地味な市役所職員の役にぴったりハマってるわ~。
松田龍平くんはどの映画やドラマに出ても同じような飄々とした感じですね。
ひょっとして演技じゃなく素なのか?と思ってしまいました。
映画の主旨はよく分かりませんでしたが、ストーリーがとてもよく出来ていておもしろかったです。
人は見た目によらないし、どんなに悪い人間でも更生できる。
人は弱い生き物だから、いつか誰だって犯罪者になりうるかもしれない。
でも、罪を犯すことに対し、潜在的に何も感じない人間も存在するのだ。
のろろ様がとても不気味に映画の最後を飾ってくれました。

久々に

20190104214623347.jpeg
ブックオフで本を買ってきたよ~。
毎年お正月に20%オフセールを開催してるようなのです。
ラッキー♪
ちなみに本はトイレでしか読まないので(汚くて失礼!)読むスピードが異常に遅いのですが、数ヶ月かけて読み終わった貫井徳郎さんの「空白の叫び」(上中下)がめちゃめちゃおもしろかったので、貫井徳郎さんの本を3冊買って来ました。
高村薫さんの「マークスの山」もおもしろそうだったので購入。
数年前まで書いてた読書感想文も書けたらそのうち書いてみようかな。
暇さえあれば山に登ってる今は、なかなかパソコンに向かう時間がないのですが。

登り始めは

20190103220923d8c.jpeg
やっぱり鳩吹山へ。
今日は暖かくて助かったわ~。
活動日記はこちら

さてさて昨日は毎年恒例の犬山成田山へ初詣に。
いつもは車で行ってましたが、今年は電車で行こうと言われて名鉄に乗ってGO!しましたが、新年早々彼氏に怒られましたよ。
はいはい、いつものことです。
理由は私が乗り換えの電車を間違えそうになったから。以上!それだけ!そんなことでめっちゃ怒られた!
その後のお参りでとっさに「今年はこの人と別れる決断が出来ますように。そして穏やかに別れられますように。その後も嫌な目にあいませんように」とお参りした私(^_^;)
でもお正月休み4日間一緒にいて怒られたのはその1回きり!
奇跡的な少なさだわ~。
とは言え、1回でもそんなことでいちいち怒られる生活に疲れきってしまったのでした。
いかんせんこの3年の間、「どうしたら怒られずに済むか」が頭の8割ぐらいをずっと占めてる状態なのですから。
ちなみに今日の場合、私が乗り換えを間違えそうになって怒られましたが、彼氏自身が間違えそうになっても私のせいになって怒られます。
なのでどれだけ対策しても無駄なのです。
まー、もちろんいい部分もあるから付き合ってこれましたが、ぶっちゃけ同じ会社じゃなきゃとっくに別れてたと思う。
この無駄な時間を無くして心穏やかに暮らしたいわ・・・たとえこの先、一生1人だとしても(^_^;)

私と同じように怒りっぽい彼氏に悩んでる人が少しでも共感してくれるといいな。
そんな思いで書いてみました。
また続く。

プロフィール

misato

Author:misato
猫のさくら と二人暮し。
山登りと映画とヨガとビールが好き。
平凡な日々を気ままに綴ります。
時々酔っ払って変なこと書きます。
以前のブログはこちらです。

リンクフリーです。

ランキング

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ

ブログランキング

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入りサイト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

カウンター