FC2ブログ
   
04
1
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

さくらクンクン

20200207215948ac5.jpeg
結膜炎もすっかり良くなりました。
そして私がご飯の準備を始めるとこうしてクンクンが始まります。
食欲旺盛で何よりです(^^)
ずいぶん丸くなったでしょ。
さくらが病気から徐々に回復をしていた頃、まだ噛む力がなかったのかカリカリをうまく食べれず、悩んだ私はカリカリを1個ずつ包丁で4つ割にすると言う方法を思いつきました。
小さなサイズにすれば食べるかも、と思ったのです。
ウエットフードは食べてましたがそれだけじゃ栄養が足りないし、腎臓サポート用のカリカリで少しでも腎臓の回復を願いたいところなのです。
そして毎朝毎晩10分かけてカリカリを1個ずつ刻む私。
その甲斐あって、さくらは私が刻んだカリカリを食べるようになりました。
そしてようやく刻まなくても食べれるようになった今日この頃。
さくらちゃん、ありがとう。
スポンサーサイト



さくら結膜炎

20200115211934bae.jpeg
危機は脱しましたが、体重はなかなか増えず3キロ前後を行ったり来たりしています。
そしてひどい結膜炎になってしまいました。
子猫の頃から右目が弱く何度も結膜炎を繰り返して来たさくらにゃん。
毎日薬を塗ってますが、いまいち良くなりませんねぇ。
いつも気づくと突然治ってるんですけどね。
早く良くなりますように。

むむ?

20191224205508208.jpeg
何がどうなってそうなってるの?(笑)
私のささくれ立った心をいつもさくらが癒してくれます。

元気になったよ

201912052150510ad.jpeg
おニューの猫座布団でくつろぐさくら。
タンスの上にもジャンプ出来るようになり、食欲も戻りすっかりすっかり元気なのです。

さくらが生死をさまよってた時、日に日に元気がなくなるさくらを見て私は諦めてしまいました。
きっと数日後には死んでしまうだろう。
と言うか今日死ぬかも。
それでも生きようとしてるさくらのため、それ以上にそんなさくらと少しでも長く過ごしたい自分のために毎日病院通いをし、さくらの命を繋いでいました。
その時私はさくらに「今までありがとう」「助けられなくてごめんね」と何度もさくらに言い続け泣きました。
家族を失った私の唯一の血の繋がらない大切な家族。
さくらがいると超ネガティヴな私が少し明るくなれました。
さくらがいなかったら今私は生きてなかったかもしれません。

そんなさくらはもうすぐ16歳。
近い将来、さくらを看取ることになるでしょう。
その時は「ありがとう」だけ言えるような生き方をしていきたい。
「ごめんね」って言葉は言いたくないです。
そう、さくらが命を取り留めた時に、ふと16年前に脂肪肝で亡くなったふーすけがこの世にさくらを押し戻してくれたって思ったんです。
ふーすけが死んだ時、私は「ごめんね」しか言えなかった。
優しいふーすけはそんな私を責めるどころか、悲しませないようにさくらをもう少し私の傍にいさせてくれた。
不思議とそんな気がしたのです。

でもさくらが死んだら呑んだくれるよー。
既に今も呑んだくれてますが^^;

さくらたん、その後

201911222226108ba.jpeg
相変わらず痩せてますが、すっかり元気です!
家中を走り回ってますよ。
病気の間、さくらのお部屋と化した予備の猫トイレには、寒くなった事もありほとんど入らなくなりました。
トイレで寝てる姿がかわいかったので、それはそれで少し残念(笑)。

さくらたん

20191031214746c91.jpeg
病院でステロイド注射を打ってもらったらいっぱい食べれるようになりました。
とは言え、いつまでも注射に頼ってもいられないので、自力で何とかたくさん食べるようになってほしいところです。
そんな明日は旅行なので、さくらたんはお留守番です。
キャンセルしようか迷ったのですが、だいぶ元気になったので2日間シッターさんを頼んで行くことにしました。
心配ですが、きっと大丈夫だと思います。

そして首里城〜!
大変な事になりましたね。
以前、沖縄旅行で訪れた事もあり私もショックなのです。
一体何故?としか言葉が出て来ません。

子猫のミルク

20191025213043ab1.jpeg
今日現在までで、さくらちゃんの治療にかかったお金は約10万円、その他フードやペットシーツなど約1万円です。
でもそんな事はいいんです。(生活は厳しいけど^^;)
私が今までさくらからもらったものはお金には変えられないかけがえのないものです。
たとえ寝たきりで苦しんでても私のそばにいてほしいと願ったのです。
誠に自分勝手な願いですが。
今はずいぶん元気になり、今日も階段を走り回ってました。
しかし!相変わらず食が細いのです。
栄養をつけてもらおうと購入したのが子猫のミルク。
さくら、見向きもしませんでした(・_・
結構高かったのにT^T
この1ヶ月、さくらが食べなかった猫用フードをどれだけ捨ててきた事かって感じなんですけどね。
ガリガリから脱出するのはなかなか難しそうです。

現在のさくらたん

20191024212244508.jpeg
ずいぶん元気になりました。
ガリガリなので(2.8キロぐらい)何とか太ってもらいたいのですが、なぜかどんどん痩せていきます。
あの手この手でいろいろ食べさせてはいるのですが…。
同じものでもその日によって食べたり食べなかったり。
悩める日々は続きます。

H4Oペットウォーター

20191023214656461.jpeg
さくらの調子が悪くなり、試してみたのがこの水素水です。
水を飲んだ翌朝には無反応だったさくらが急に反応するようになりました。
腎臓病には有能のようです。
いろいろ調べたところ、水素水をあげても飲まない猫、飲んでも改善しない猫、水素水の種類を変えたら効果があった猫、末期状態から回復した猫などいろいろでした。
もしかして回復するにはありえん量の水素水を飲まなきゃならないのかもしれません。
しかし腎臓病の猫はありえんほどの量の水を飲むので、試して見る価値はあるかと思います。
今はさくらは水素水を飲む量はかなり減りましたが今のところ悪化することはないので、一度良くなればある程度維持してくれるのかな?
定かではありませんが、そう信じたいです。

闘病の記録

2019102219503947e.jpeg

長くなりますが今後の自分のため、そして腎臓病で苦しんでる猫ちゃんとそのご家族の役に立てばと思い、さくらの闘病の記録を残しておこうと思います。

9/25(水)
仕事から帰るとさくらがぐったりしている。
置いてあったご飯は食べていたが、帰宅後は飲まず食べず。
毛玉がつまって気持ち悪いのだと勝手に思う。

9/26(木)
相変わらずぐったりして飲まず食わず。
動物病院が休みなので次の日まで様子を見ることにする。

9/27(金)
前日から変わらず元気がない。
動物病院に連れて行くが暴れてほぼ何も出来ず。
抗生剤の注射1本打てただけ。
帰宅後は焼き鯖を1/5ほど食べた。
少し元気になった感じがした。

9/28(土)
病院へ行って注射を打ってもらう。
胃腸を動かす薬を処方してもらう。
帰宅後カニカマを2本食べるが薬は飲まず。

9/29(日)
朝から様子がおかしくて部屋中徘徊を始める。
何をあげても食べなくなり体温が低くなっている。
呼吸もかなり早い。

9/30(月)
病院へ連れて行くと暴れる元気もなくぐったりしている。
血液検査、レントゲンなど一通り検査をすると腎臓の数値が異常だった。
体温も35℃台。(通常37℃台)
日帰り入院で朝から夕方まで点滴をしてもらう。
夕方迎えに行くとゴロゴロ言う。
帰宅後はまた徘徊が始まり何も食べず。
おしっこ垂れ流し状態。

10/1(火)
日帰り入院で点滴。
帰宅後徘徊が始まり、強制給餌しても硬く口を閉ざして何も食べない。
ゴロゴロも言わず鳴き声も出さない。
目がうつろで何にも反応しない。
おしっこ垂れ流し状態。

10/2(水)
日帰り入院で点滴。
やはり徘徊が始まるが、体力と筋力がなくヨタヨタしている。
初めて水素水を100ccほど飲む。
強制給餌で少しご飯を食べたが相変わらず反応なし。
おしっこ垂れ流し状態。

10/3(木)
日帰り入院で点滴。
朝、「さくらちゃん」と呼ぶと2日半ぶりに返事をしてゴロゴロ言った。
帰宅後、水素水150~200ccほど飲む。
徘徊が少し収まり強制給餌でならご飯をしっかり食べるようになる。
時々鳴くようになる。
おしっこ垂れ流しの量が減る。

10/4(金)
日帰り入院で点滴。
朝からよく鳴きゴロゴロ言う。
帰宅後、水素水150~200ccほど飲む。
徘徊がだいぶ収まってきて強制給餌でご飯を食べる。
この頃からトイレでおしっこをするようになる。

10/5(土)
日帰り入院で点滴。
朝、自分からご飯をほしがるので手から秋刀魚をあげると少し食べる。
カニカマ、ハム、ウェットフードも少しだが自分で食べる。
帰宅後、水素水150~200ccほど飲む。
徘徊はほとんどなくなり強制給餌でご飯を食べる。

10/6(日)
明け方うんちをする。
ひどい下痢だが10日ぶり以上のうんちでようやく胃腸が動き始めたよう。
水素水150~200ccほど飲む。
自分でご飯を食べるようになる。

10/7(月)~10/12(土)
2~3日置きに固形のうんちをするようになってくる。
日帰り入院(点滴)から通院(皮下補液)に変わる。
毎日水素水150~200ccほど飲む。
この週にカリカリも食べるようになる。

その後、ぐんぐんと回復していきました。
今も頻度は減りましたが治療は続いています。
けれども一時期に比べたら夢のような元気さです。

写真は10/2(水)朝のさくら。
手で体を支える力が残っていないため、行き倒れのように水を飲んでいます。
朦朧としてたため、少し飲んではそのまま寝てまた起きて飲んで、と30分ぐらい繰り返して延々と水を飲み続けてました。
水飲み中に飲み水で溺死しちゃうんじゃないかと心配で、よく夜中に30分間さくらの横にスタンバイしてさくらが寝るたびに顔を支えてましたねぇ。
怒涛の1週間。
この頃私の意識も朦朧としてました(^_^;)

プロフィール

misato

Author:misato
猫のさくら と二人暮し。
山登りと映画とヨガとビールが好き。
平凡な日々を気ままに綴ります。
時々酔っ払って変なこと書きます。
以前のブログはこちらです。

リンクフリーです。

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入りサイト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム