FC2ブログ
   
10
9
10
24
29
   

流れのまま

迷って迷って決断したすぐ後で、なぜか邪魔が入ることが時々あります。
そんな時私は、決断したことを取りやめます。
それはきっと、「やめときなさい」って事だと思うから。
運命には逆らわない。
消去法はやめても、流れに身を任せることはやめません。
スポンサーサイト



テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

今日の夕ご飯

20101030.jpg
厚揚げの野菜あんかけ&長いものポン酢和え&卵スープです。
どれも、あまりにおいしくて我ながらびっくり。
体がポカポカと暖まりました。
それにしても長いもとポン酢がこんなに合うなんて知らなかった。
もちろんポン酢は自家製です♪

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

神経痛

神経痛持ちの私は寒い日には時々痛みに悩まされます。
神経痛といえば老人・・・ですが私は中学生頃から患っております。
母親も神経痛持ちだから遺伝性の体質だと思います。
夏でもクーラーガンガンの部屋にいると不定期に繰り返される痛みが始まります。
そして夜お風呂に入るまで何時間もずっと続きます。
痛いよー、痛いよーって感じ(T_T)
痛む場所はその日によって違いますが上半身中心で背中とか腕とかわき腹とか多いかなぁ。
けど最近気づいたのは、何か活動してるとき(料理とか階段の上り下りとか)には痛みを感じないです。
じーっと座ってテレビを観てたりネットしてたりすると痛みますねぇ。
活動してるときは体温が上がるから発症が抑えられるのかしら?
しかし私は事務仕事なので仕事中はほぼ座りっぱなし。
今日も昼から痛み出して、家に帰ってお風呂入るまで「痛いよー」と言ってました(^_^;)
何なんだ、この痛みは!!
何十年とこの痛みと付き合ってますが一向に慣れません。
この先さらに何十年と付き合うことになるのでしょうね(T_T)
治す方法なんてあるのかしら?

テーマ : 健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

冷やしチョコプリン

20101027.jpg
こちらのレシピより♪
卵黄4個使ったら卵白4個分が余ってしまうため、全卵1個と置き換えて作りました。
おいしかったよ。

さてさて急に寒くなったためコタツを入れました。
さくらはさっそくコタツの中。
昨晩は、布団の中に入ったり出たりを何度も繰り返してたさくら。
布団に入ると暑いし、出ると寒いしどうしよう?って感じだったのかしら?
そんなわけで今日は寝不足です(-_-)zzz

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

寒くなったのでクリームシチュー

20101026.jpg
いつもは小麦粉と牛乳とバターで作るけれど、今日は上新粉と牛乳で作ってみました。
トロトロになっておいしい♪
しかもバターを入れない分ヘルシーだし。
なんとバター大さじ1で97kcalですからね。
えっ・・・マジで?!って感じでしょ。
上新粉は少々お高いけどそんなに大量に使うわけではないから持ちますしね。
美容&健康にも良くておいしいなんて最高じゃありませんか。

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

久々に

20101025.jpg
パン教室♪
ネスト&クープノン&ポテトスイーツです。
どれもおいしかった?(*^_^*)

テーマ : パン
ジャンル : グルメ

いつかの実家でのさくら

20101023.jpg
今朝はずいぶん肌寒い感じがしましたね。
そろそろこたつ出さなくっちゃ。

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

かわいそうな子供

30年近く過ぎた今でも時々思い出すことがあります。
小学校の頃、浦安の舞のメンバーに選ばれた私は毎晩他の3人のメンバーたちと一緒に練習をしていました。
今まで接点がなかったため話したことすらなかった2人のメンバーからなせか私はいきなり嫌われていました。
そして「なんであんたが選ばれたわけ?!○○さんの方が良かった!!」と毎日のように言われ続けたのでした。
そして毎日それに耐え続ける日々。
いじめのメンバーに加わってなかった1人のメンバーの子はとーてもおとなしく、練習の間言葉を発することがほとんどなかったような子。
私とも話すことはなかったけどその子の存在だけが救いでした。
けど浦安の舞を踊れるのは嬉しかったけどあの日々は苦痛だったなぁ・・・。
その時の写真を見ると傷ついた心が蘇ってきます。
かわいそうな子供の頃の私。

けれども話したこともない人からいきなり嫌われているといった経験はその後、何度も何度も繰り返されるのでした。
特に年上の女性から嫌われてたなぁ・・・。
人見知りだった私が勇気を出して初めて話しかけると相手は「はぁ・・・」とか気のない返事のみでその場を去ってしまったり「おはようございます」と挨拶をしても無視されたりして。
そしてどんどん人見知りが激しくなった私でした。
私の性格を知ってるわけではないから私の見た目が嫌いな人が多数だったのかしら・・・?
それとも私って人をイライラさせるオーラでも放ってたのかしら?!
その度にとっても傷つき一体どうすればいいのか分からず悩みました。

ところが30歳を過ぎた頃から嫌われなくなってることにはっと気がつきました。
その時は本当ある日突然気がついて「あれ?!いつの間に?」って感じでしたねぇ。
それからはほぼ人見知りがなくなりました。
かわいそうな子供だった私はもういなくなりました。
それどころか初めて会った人にでもズバズバものを言ってしまい周りを唖然とさせてしまう始末。
もう昔のようにいちいち「この人は私のことどう思ってるんだろう?」とか深読みするのは疲れるから「向こうがどう思ってようと私はあんたに言うべきことは言う」って感じです。
挨拶して返事がなかったら「挨拶してるんだから返事ぐらいしたら?」とかね(笑)。
良かったね、あんたは将来強い女になるよ。
昔の私にそう言ってあげたい。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

スラムドッグ$ミリオネア

インドのスラムが舞台の映画です。
子供の頃のイスラム教徒への襲撃により親を殺されてしまったジャマールとその兄サリームは、同じく孤児になったラティカという女の子と三人でスラムにて暮らすことを余儀なくされる。
ある日、親切な男の人が突然現れ孤児施設に住まわせてくれることとなった。
ところがその施設は子供を利用して金儲けをするとんでもない場所でした。
「盲目の方が金儲けになるから」との理由でジャマールの眼がつぶされようとしているのを知ったサリームは、ジャマールとラティカを連れて施設を逃げ出します。
ところがなぜか途中で逃げるのを諦めてしまったラティカは連れ戻されてしまうのです。
その後もずっとラティカを思い続け、何度か再会を果たすものの運命に翻弄されラティカと一緒になれないジャマール。
そんなジャマールがクイズ$ミリオネアに出場して大金を手に入れます。
スラム育ちのジャマールが一体なぜそんな知識があったのか。
ジャマールの目的とは一体?
そして、ラティカとの運命は果たして・・・?

インドが舞台とは知らずに借りました。
今でもインドに行きたいと思ってる私ですがインドの現実を突きつけられ、ちょっと衝撃でした。
インドの子供の物乞いのしつこさは本などで読んで知っていましたが、それにはそうせざるを得ないそんな事情があったとは・・・。
そうしなければおそらくもっと過酷な目にあってしまうのでしょう。
それでもインドの子供たちは現実を受け入れ強くたくましく生きているのです。
私はこの映画を観て日本に生まれたことを感謝しました。
そして、インドに軽く遊び感覚で旅行しようとしてた自分を恥ずかしく思ったのです。
旅に出るならその土地のことを知ってから行くべきだと強く思いました。
この映画に出てくる兄のサリームにはインドという国で生きていくためには仕方のないずるさがあります。
そして・・・優しさもあります。
悲しい部分もあるけれどジャマールとラティカの二人の純愛に心が暖かくなる映画です。

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

暮らしのヒント集にならって

うれしさ、怒り、悲しみ、寂しさなど、一言でよいので
心が動いたことをメモしておきましょう。
自分を知ることに役立ちますよ。

「暮らしの手帖」という雑誌の「暮らしのヒント集」を読んで以来、一言日記をつけるようにしています。
書くことは本当に適当で・・・例えば、
「○○さんが元気になってきたので嬉しい」
「人は人によって傷つけられる。しかし人によって元気になれる」
「バカで愚かでも人を傷つけるような人間にはなるまい」
「マイナスの言葉を極力吐き出さないようにしよう」
「TELにすぐ出られない状況のときだってある!!バーカ」
「オムライスがおいしくて最高」
「雑念を追い払おう」
「暑くて不快」
「超暑くてイライラ」
「とってもとっても暑い」

などなど、喜怒哀楽というより決意が多かったりして。
しかも「マイナスの言葉を吐き出さないようにしよう」のすぐ後で「バーカ」だし(^_^;)
やたらと「暑い」が多いし読み返すと笑えます。
私ってとことん不毛な人間だぁ(^_^;)
本当に、自分を知る手掛かりになりましたね。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ジェニィ

猫が大好きだけれど飼うことを許されない8歳の男の子ピーターはある日交通事故にあい、目が覚めたら自分が猫になっていることに気が付きます。
最初は気が動転してしまったピーターですが、運命の雌猫ジェニィと出会いジェニィから猫としてのさまざまな作法を教えてもらううちに徐々に本物の猫のように生きていくようになります。
ジェニィは見た目は不器量ですが、心の優しさがにじみ出ているような素晴らしい猫。
そして二匹で船に乗って旅に出かけいろんな経験をします。
そして旅から戻った二匹ですが見た目はとても美しいが性格悪の雌シャム猫に心奪われ、心から愛していたジェニィを裏切りシャム猫と一緒にかけ落ちしてしまいます。
そしてシャム猫に逃げられ夢から覚めたピーターはジェニィの元に戻ります。
優しきジェニィは何事もなかったかのようにピーターを許します。
そしてまた以前のような幸せな日々が戻ってくる、そう思っていたピーターですが、その後恐ろしい運命が二人を待ち受けているのです・・・。

とってもかわいい二匹の猫のお話です。(一人は本当は人間ですが)
外国の本で翻訳がところどころ変ですが何だかそんなところも笑えておもしろいです。
作者の方は猫を知り尽くしていて心から猫が好きなんだということが読んでいてよく分かります。
読み終わったときに優しく暖かい気持ちになっていました。
そして不思議と今まで以上に猫さくらが愛おしく思えました。

うわべだけ美しいものには惑わされぬように。
本当に美しいものは目に見えないものなのでしょう。
けれども見た目も美しく性格も良い猫だっていっぱいいるのは事実・・・ですよね(=^・^=)

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

きみがぼくを見つけた日

自分の意志とは関係なく頻繁にタイムトラベルしてしまう男性の話です。
子供の頃から何度もタイムトラベルしてしまうヘンリーは、ある日見知らぬ若い女性クレアから「あなたをずっと探してた」と言われます。
彼女は未来のヘンリーに何度も会ったことがあるというのです。
そしてヘンリーに恋心を抱くようになります。
現実のヘンリーにようやく会えたクレア。
二人は愛し合いそして結婚します。
何度妊娠しても流産してしまうクレアですが、ようやく臨月まで持ちこたえることが出来ます。
しかしそんな幸せの中、死にかけている未来のヘンリーがタイムトラベルしてきたのです。
自分が近々死ぬことを知ったヘンリーと愛する夫が死んでしまうことを知ってしまったクレアと産まれくる子供。
三人の運命は果たして・・・・?

出会う前からヘンリーを待ち続け、そして結婚してからも突然どこかに行ってしまうヘンリーを待ち続けるクレア。
いくら愛していても私だったらそんな相手とは結婚しないな・・・と思いながら観ていました。
人を愛するということは打算だとか理屈だとかそうゆうことは関係ないのでしょう。
深く考えると疑問がいっぱい・・・ですが観ているうちにそんな事どうでもよくなります。
素敵なお話で私は大好き。
原作本を読んでみたくなりました。

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

携帯について真剣に考えてみた

かかってくる電話と言えば、会社から帰宅した後やせっかくの休日に「昨日FAX届いてなかった??」とか「メール送信がエラーになるんですけど何でですか?!」などの私が休日にわざわざ対応しなくてもいいようなくだらない質問か、「今から二人で一緒にご飯食べにいかない?」とか「今度いつ飲み会するの?」などの気が進まない相手からの誘い、そして「明日(もしくは今日)バイト入れない?」などの気が重くなる頼みごと。
よくよく考えたらそれらのうざったい電話が9割を占めてるではありませんか。
なんてことでしょう、私ってば自分が不快な思いをするために携帯電話を持ってるようなものだったのです。
最近なんて電話がなるのが怖くて夜や休日は電源を切ってるんですから。
そして携帯って自分が便利って言うより私の周りの人が便利になるものなのでは?!ということにようやく気がつきました。
いっそのこと解約するか・・・と思ったものの「誰でも割」に加入してるため途中で解約すると違約金1万円弱がかかるではありませんか。
解約モードに入ってたのでかなりガッカリでした・・・。
ま、完全に解約しても実際不便だから、今までのように使わないときは電源を切っといて「携帯の調子悪くて?」といい続けようかな、と思った私でした。

やっぱり私にはまだ迷いがあるし、人に惑わされるんだなって思った。
人生そんなに甘くないですね。

昔も今も、私の願いはただひとつ。
誰からも注目されず、ただひっそりと空気のように生きたいのです。
どうか誰も私に執着しないで。
誰も私の存在を意識しないで。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

郡上八幡城

20101016.jpg
一人でのんびりしたときは郡上八幡に行きます。
何だか古き良き日本ってところがいいですね。
今日はちょっと足を伸ばして郡上八幡城まで行ってみました。
軽い登山感覚で結構ヘトヘトになりました(^_^;)
夏に行ったら多分死にます。
秋で良かった?。
けど城オタクとかいるけど私は城に対しては特に何も思うことはなかったです。
もう二度と行くことはないでしょう。
私が興味あるのは神社なんです。
数年前から妙に気になるのでした。
神社なら大きくても小さくてもどこにあっても何でもありです。
一体なぜこんなに神社が気になって気になって仕方ないのか自分でも訳が分かりませんが神社を見つけるたびはっとします。

ところで郡上だとか高山って信号機が縦なんです。
さらに高山に至っては信号機が縦でこげ茶色。
すごくいい感じ。
町並みに合わせてレトロな雰囲気にしてるのかと思ったら、信号機に雪が積もらないように縦にしてあるんだそうな。
こげ茶色の理由は分かりませんけど、これは実際レトロな雰囲気にしてるのかもね(*^_^*)

テーマ : 城巡り
ジャンル : 旅行

愛を読むひと

15歳の少年と年上の女性の恋愛ストーリー。
親子ほども年の離れた二人は最初は体だけの関係でしたが、じきに本当に愛し合うようになります。
字が読めない彼女はいつもベッドで彼に本を読んでもらいます。
そしてひと時の恋は終わり数年後、法律を学ぶようになった彼は授業である法廷の場に連れていかれます。
その裁判で被告人として裁かれていたのはなんとかつて愛した女性。
20年前、ユダヤ人収容所の看守として働いていた彼女が今になって訴えられたのです。
無期懲役になった彼女に対し、彼が取った行動とは・・・。

偶然にもまたユダヤ人に関係する映画でした。
最初はかなり際どいシーンが多くて「まさかアダルト映画?!」って感じでしたが、二人の関係が変わるにつれ切ないラブストーリーへと変わっていきます。
読み書きが出来ないことを恥、その事実を誰にも知られたくないと思っていた彼女を救ったのは彼の無償の愛。
こんな愛の形があるんだな・・・と気づかされました。
大きな大きな無償の愛。
けれどもそんな無償の愛は一生続くことがないことが前提として存在するのかもしれませんね。
それともそう思うのは私がシビアだからでしょうか。
彼女の孤独が自分と重なりとっても悲しかった。

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

あじのシソマヨネーズ

20101014.jpg
自分で三枚におろしてみたよ。
楽勝、楽勝♪
なーんて、自慢するほどのことでもないですね(^_^;)
・・・だって、さばいてある魚しか今までほとんど買ったことないんですもの。
でもね、不器用な私でも本当に簡単に出来ました。
これからは自分でさばこう♪

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

もつ煮&再び松茸

20101013.jpg
そして、世界が広がることにより迷いがなくなり、そして楽に生きられるようになる。

迷って迷って、結局消去法でしか何も決めることが出来なかった昔の私。
本当、物事を知らず世間を知らずただただ無知でした。
その頃は自分のことを優柔不断だと思ってたけど知らないからあんなに迷ってたんだなぁ・・・。
今は迷いなんてほとんどないんです。
私は誰にも惑わされない。
けれども時々立ち止まる。
私、本当にこれでいいの?
そして「ま、いっか」って思う。

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

夕焼けのいわし雲

20101012.jpg
知ってることがひとつ増えるとひとつ世界が広がるんだそうです。
そう、私の世界はまだまだ広がっていく。

(塀の中の中学校より)

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

お皿を買ったよ

20101011.jpg
今年も多治見の茶碗まつりに行ってきたよ。

今までは「もしかしてこの先結婚するかもしれないし・・・」などと淡い期待をしていたので何でもペアで買ってましたがもはやその望みはほぼないどころか、この先家で男性と一緒に食卓を囲むことすらないと思われるため単発で買いました。
そして思いっきり実用性を考えて大きめのお皿を揃えてみました。
しかし貧乏な私は「いいな?」と思っても1,000円以上する陶器には手が出ません。
来年は一つぐらい1,000円以上の品をゲットしたいな?。
その前に割らないように注意しなくっちゃ。

テーマ : コレ、買ったよ!
ジャンル : ライフ

松茸(*^_^*)

20101008.jpg
国産の松茸をいただいたのでマツタケご飯&お吸い物を作ったよ。
自分じゃ一生かかっても国産のマツタケ(外国産ですら)など買うことが出来ないでしょう。

生きてると時々いいこともある。
小さな嬉しいことが積み重なり、深く傷ついた心はゆっくり少しずつ癒えていくのでしょう。

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

永遠の愛

愛は永遠じゃない。
なのに人は永遠の愛を約束し、愛に惑わされる。

永遠じゃないから約束し、惑わされるのかもしれない。
そして今度こそは本当に永遠なのだと微かな期待をするのでしょう。

その愛もまた永遠じゃなかったと分かったときの心の傷は一体何年かければ癒されるのでしょうね。
私はそんな愛もういらない。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

ポパイエッグごはん

20101006.jpg
今日はこちらのサイトから♪
ちょうど1年ほど前のブログにも書いてますが、いつも私はめちゃくちゃな状態で料理しています。
特に最近はますますひどくて・・・毎日必ずお皿とか湯のみを割っています。
先日は自分が初めて作ったお皿を割り、今日は毎朝コーヒーを飲むのに使ってる大事なコーヒーカップを割りました。
さすがにへこんだなぁ・・・。
もっと落ち着いて料理しなきゃ!とは思うものの、あまりに自分の段取りが悪すぎて焦ったり慌てたりするのです。
毎日毎日、何十年間と同じ日々の繰り返し。
まるで何の進歩もなし!
そして「私って頭の中のどこかがマジでおかしいんだろうなぁ」と思う最近の私でした。
何をするにも始終そんな感じ。
なのに人からは「何でもソツなくこなす人」とか思われることが多いからびっくりです(゜o゜)
最初にそう言われたときには聞き間違いかと思いましたよ。
自分の能力よりずーっと上に見られるのってかなり負担です・・・。
期待に答えられなくてがっかりされるのが嫌ですごい無理してやろうとしてしまう。
例えば「キャドで図面書いて」とか頼まれたときに「うわっ、キャドなんてやったことないのに出来ると思われてるわけ?!」とぎょっとしつつ、2時間ぐらい本読んだりネットで調べたりしながら書こうしたことも。
当然2時間でキャドが覚えられるわけもなく・・・(^_^;)
本当、バカだよね?。
実際は数字の桁間違え(100万なのに10万と打ったり等の間違いです)などの低レベルな失敗ばかり繰り返してる私なのにみんな気づいてないのかしら?

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

最近知ったこと

日本では年間20万人の赤ちゃんが中絶手術で命を奪われているそうです。
それも表立った数なので実際はもっと多いとのこと。
そして出生数は約100万人。
なんとこの世に5?6人に一人はせっかく命を授かったのにこの世に生まれてこれないのです。
大雑把に考えて5?6人に一人は中絶経験があるってことですよね。
しかも中絶する人の半数は既婚者だと聞きました。
子供を中絶しておきながらその後、何事もなかったように仲良く家族で暮らしてるのでしょうか?
信じられません・・・。
もちろん事情があってどうしても産めない人も中にはいるのでしょうが、「経済的に苦しいから?」とか言っておろす人ははっきり言って動物以下ですね。
自分の快楽のために人の自分の子供の命を犠牲にするなんてまともな人間のすることとは思えません。
人間なら避妊ぐらいしようよ。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ウィルス?!

20101004.jpg
会社でパソコン使ってたら突然青い画面になって英語がいっぱい出てきたよ。
一体何ですかこれは?!
メッセージの中の文字「0x0000007E」で検索してみたらトラブルシューティング方法とかいうページが見つかったけど日本語なのにさっぱり何が言いたいのか理解出来ない・・・。
「方法 1: ハード ディスクに十分な空き領域があることを確認する」だけは分かったけどその次の「方法 2: コンピューターの BIOS を更新する」はタクスバーの右下にいつも出てるビックリマークみたいなアイコンのこと??
クリックすると「自動更新」とか出るんだけどよく分からん・・・。
「方法 3: デバイス ドライバーを無効にするか更新する」とか「方法 4: 署名のないドライバーを削除する」などは文章の意味すら分からんし。
「方法 5: すべてのサードパーティ製のドライバーを削除する」と「方法 6: サードパーティ製のリモート制御サービスを削除する」はますますちんぷんかんぷん。
サードパーティ製のドライバーとは一体・・・?!
パソコン歴10年以上経ちますけど初耳です。
そういえば数ヶ月前に会社の人のUSBメモリをパソコンにさして数分後に同じような症状になりました。
その時はウィルスソフトが「警告!!」とか出てきてそのUSBメモリからウィルス感染してたことが分かったのですが・・・。
そして今日も別の人のUSBメモリを借りてパソコンにさして5分後ぐらいにこの現象でした。
もしや今回もひょっとしてウィルスかしら?
今回は「警告!」が出なかったものだからうっかりしてたけど明日ウィルスチェックかけてみよう・・・。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

鮎でーす

20101003.jpg
去年に引き続きヤナに行って来たよ。
いっぱいいっぱい人がいました。
鮎がめちゃめちゃおいしかった♪
朝からビール飲んでほろ酔いを通り越して結構酔っ払っちゃったよん。

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 旅行

僕の大事なコレクション

ウクライナが舞台という珍しい作品です。
金持ちのユダヤ人が大嫌いなのにユダヤ人観光客のガイドを生業とする変わり者のじいさんとそのじいさんのチャラチャラした感じの孫、自分の祖父のルーツを辿りに来たユダヤ系アメリカ人のオタクな青年と共謀な犬。
最初はまるで噛み合わず気まずい雰囲気の3人と1匹ですが、徐々に打ち解けていきます。
セリフが非常に少なくときおりウクライナ語と英語が混在する会話がなされます。
そして深い何かを抱えるじいさんの過去が明らかになったとき物語は終わります。
ユダヤ人として産まれたとたんに課せられた 悲しい宿命
多くのユダヤ人がその宿命に逆らえず尊い命が失われたことでしょう。
ヨーロッパには暗くて悲しい過去がたくさんある。
この映画は普通に作られたならばこの上なく暗くて重く後味の悪い映画になるでしょう。
その暗くて思い部分がサラッと軽いタッチで作られている。
それがすごいところだと思うのです。
なのに自然な感じで考えさせられる。
この映画の静かな感じがすごく好き。
そして風景もうっとりするぐらいきれい。
特に物語の中盤に出てくるひまわり畑には声も出ないほど美しいです。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

好きなこと

料理すること。
書くこと。
植物を育てること。
工作すること。
散歩すること。
写真を撮ること。
本を読むこと。
映画を観ること。

私の好きなことを書き連ねてみました。
30歳過ぎてから好きになったのは料理と植物と散歩です。
写真は20代半ば頃から好きだったかな?
工作と書くことと本を読むことと映画を観ることは子供の頃から好き。
実は私、小説家になりたかったんです。
この拙い文章力と乏しい想像力で何を言うかって感じですよね(^_^;)
ぷにぷに。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

プロフィール

misato

Author:misato
猫のさくら と二人暮し。
山登りと映画とヨガとビールが好き。
平凡な日々を気ままに綴ります。
時々酔っ払って変なこと書きます。
以前のブログはこちらです。

リンクフリーです。

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入りサイト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム