FC2ブログ
   
02
3
7
9
17
18
19
20
   

冬に咲く花

20110228.jpg
クリスマスローズ。
この花は神が創りたもうた奇跡だと思う。
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

麻婆なす&サツマイモサラダ

20110227.jpg
そういえば麻婆なすっていう料理があったんだ・・・!ってぐらい久しぶりに作りました。
私にとっては可もなく不可もない食べ物。
麻婆なす作るぐらいなら麻婆豆腐を作ります。
何で急に食べたくなったのかな??!

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

ストーカーの心理

突然ですが、ストーカー被害にあったこっとってありますか?
私にとってのストーカーとは、相手が電話に出なかったりメールの返事をしてこないにも関わらず一方的に電話やメールをし続けること。
そんな私のストーカー定義が厳しすぎるのか、私は今まで20回人近くの人からストーカー被害にあっています。
ストーカー的要素のある人が世の中こんなにたくさんいるのか、はたまた私がストーカーに狙われやすいタイプなのか・・・?
やつらは連日のように一方的に電話をしてきたかと思うと突然連絡を経って、思い出したように半年後に電話をしてきたりします。
それを何年も繰り返されたことも・・・。
その不定期なやり方にめっちゃストレスを感じてしまいます。
ひどい人は着信拒否をしても別の電話からかけてきたりするからしつこいったらありゃしないって感じです。
別に過去に付き合ってた男性とは限らず、ただの女友達だとか1?2度飲みにいっただけの知人だとか、はたまた同じ職場で働いてるだけの人とか。
以前はあまりに何度もしつこく電話があると「何かトラブルでもあったのかしら?!(特に会社の人だと)」と電話に出たりしてましたが、出てみると「明日会社来てからでいいんだけど・・・」といった内容ばかりだったので今は一切出てません。
アラフォーの地味な独身女に一体なぜそこまでの執着心をみせるのかさっぱりナゾ(・・?
と言うか別に最近に限ったことではなく10代の頃からなので年は関係ありませんが・・・当然当時は携帯電話がなかったので自宅にしつこい電話がかかってくる、と言った感じでした。
それまでは相手に対して好意的な感情を持ってたとしても、一方的な電話またはメールが3回続いた時点で私はその相手に対して恐怖心と薄気味悪さを感じてしまい、もう終わりです。
何度電話しても出ない時点で自分とは係わり合いになりたくないと思われてることが分かるはずなのに、それでもしつこく電話してくるのは一体何が目的なのか?
ただの暇つぶしだったりして・・・?!(笑)

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

平和公園にて

20110225.jpg
名古屋の平和公園の猫ヶ洞池です。
なかなか美しいじゃないですか。
しかしこの公園、実は敷地の大半が墓地なんです。
しかもかなりの広さ。
昼間は明るくて爽やかな公園ですが夜になるとやっぱり怖いのかな?

そうそうこの公園、鳩とカラスがたくさんいたのですが、カラスが鳩をいじめてました。
かわいそうな鳩たち。
カラスってなんて憎たらしいんでしょう!!
カラスとゴキブリはどうしても好きになれません。

テーマ : お散歩・お出かけ
ジャンル : ライフ

貝割れがいっぱい

20110224.jpg
かいわれ大根を一袋買ったら大量に入ってたのでかいわれレシピづくしです。

人参とかいわれのサラダ
きりぼし大根のサラダ
メカブとかいわれのサラダ

の3種類作りましたが、偶然にも小林カツ代さん(人参とかいわれのサラダ)とケンタロウさん(切り干し大根のサラダ)の親子レシピが揃いました。
ちなみにメカブとかいわれのサラダはmisatoレシピ。
ま、かいわれ大根とメカブを皿に乗せただけなんですけどね。(調理?時間1分)

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

魔女と金魚(中島桃果子)

魔女の繭子が経験を通して悩み苦しみ、魔女としてそして人間として成長していく様子が綴られています。
激しく強い性格のマドカと優しく周りを包み込むようなユメノ。
そんな魅力的な女性二人が愛したのは同じ男。
その二人の間でどうすることも出来ず心痛める繭子。
そして別れたのにまだ大好きな彼とのうまくいきそうでいかない微妙な関係。
魔女としての能力は高いのにたった一人の男との関係にうじうじと悩む自分の歯がゆさ。
そして自分のことを魔女だと思い込んでいる一般人想子に付きまとわれる日々。
そんなある日、町に「食べるとハイになる砂糖」の妙なウワサが流れます。
そしてその砂糖をマドカも利用してるのではないかと心配するユメノ。
繭子はその砂糖の正体をあばくために月の森に向かいます。

タイトルから一体どんな話なのか想像もつきませんでしたが、現実とファンタジーとの中間のような世界が綴られていてとっても私好みの話でした。
とてもきれいな文章で町並みが頭に浮かびます。
ファンタスティックなのに、登場する人すべてがリアルで自分と共通する部分があったりして共感します。
誰もが寂しい気持ちを心の奥底に持ち、それを隠して強く生きているのだけれど時に弱くなってしまったり。
自分の弱さを少しずつ強さに変えていくことが成長なのかもしれません。

「一途に愛せる素質を持つことと、一途に愛される素質をもつことと、どっちが幸せなのかしらね」
どちらの素質もない私にはどちらかでもあれば幸せではないかしら?と思ってしまいます。
けれどもどちらかと選べと言われたら一途に愛する素質を持ちたい、そう思うのでした。

テーマ : 読書感想
ジャンル : 本・雑誌

梅の花

20110222.jpg
きれいだね。
うん、きれいだね。

テーマ : お散歩・お出かけ
ジャンル : ライフ

今日は春のよう

20110221.jpg
ポカポカと暖かい一日でしたね。
空があまりにきれいだったので記念撮影しました。

テーマ : お散歩・お出かけ
ジャンル : ライフ

イルマーレ

イルマーレと名付けられた海辺の家に住んでいた女性ウンジュは引っ越す際に次の借主に手紙を残していく。
しかしその手紙は過去を2年前までさかのぼり、当時その家に住んでいた男性ソンヒョンに届く。
その家の郵便受けには時を超える不思議な力があったのだ。
そして奇妙な文通が始まる。
「現在」の彼女に何度か会うが、まだ彼のことを知らない彼女は素知らぬ顔。
徐々にウンジュに心惹かれていくソンヒョンは「自分の存在を知っている彼女」に会いたいと手紙を出す。
そしてウンジュにとっては1週間後の、ソンヒョンにとっては2年と1週間後に会うことにする。
しかしその日、約束の場所に来なかったことをウンジュから告げられるソンヒョン。
なぜソンヒョンは会いに行かなかったのか。
この先2年の間に二人に一体何が起こるのか・・・。

私の大好きな映画「猟奇的な彼女」のチョン・ジヒョンが主役です。
見始めると先の展開が気になり止まらなくなってしまいました。
2年の時間を超えて手紙(時には物や生き物まで)が届くという不思議な設定ながらもとてもシンプルに話は進んでいきます。
ポツンと佇む海辺の家は寂しげで、でもとっても素敵。
犬のコーラもとってもとってもかわいくて、映画を観ている最中にコーラが画面に出てくるのが楽しみになっていました。

「誰かを愛してその愛を失った人は、何も失わない人より美しい」

この言葉に心がすーっと洗われていくような気がしました。
静かな気持ちになれる・・・そんな映画です。

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

傷つくこと、傷つけられること

人を平気で傷つける人ほど、自分が傷つけられると大騒ぎする。
「俺をこんなに傷つけやがって」
えっ・・・そんなことでそんなに傷つくわけ?
私は心から驚いてしまう。
自分はその100倍も千倍も一万倍も人のこと傷つけてるのにって思う。
あまり傷ついたことのない人は人の痛みが分からないから無意識ではなく、意識してどれだけでも人を傷つけることが出来るのでしょう。

生きていると次から次へと試練が起こります。
その度深く傷ついたり、今までの自分の人生をすべて否定されたような気持ちになったり途方に暮れたり。
けれどもどんなことがあっても私にはどん底から這い上がる力があると信じています。
子供の頃から身に付けた得意技だから年季が入っています。

私は人よりも間違いなくバカで、社会的にはゴミのような存在だけれど、人を平気で傷つけるような人間には絶対にならない。
本物のゴミにはならないよ。
私の人生の指針はずっと変わらない。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

しずかな日々(椰月美智子)

母子家庭で育った光輝は引っ込み思案で友達が一人もいない。
いつも母親が帰宅するまで家で何もせず待って過ごす日々を送っていた。
そんな冴えない少年光輝は5年生に進級し、後ろの席のの押野少年と友達になる。
押野少年はクラスの中心的存在で友達も多い。
そして母子家庭であることを自分が引っ込み思案であることに対しての多少の言い訳にしていた光輝は明るく元気な押野少年も母子家庭であることを知り驚く。
押野少年のおかげで徐々に友達も増えていく光輝。
しかしそんなある日、母親から引っ越しの話を聞かされる。
転校したくない光輝は大好きな先生の前で泣いてしまい、先生のはからいで今まで一度しか会ったことのないおじいさんの家で暮らすこととなる。
そしておじいさん、押野少年や仲間たちとの忘れられない夏休みが始まる。

内気な少年が一人の少年との出会いによりだんだんと積極的になる様子が描かれています。
まさに「人生は劇的である」と言う言葉がぴったり。
しかし作者があえて「人生は劇的ではない」と言う言葉を使ったのは意味があるのでしょう。
少年は友達だけの力ではなく、自分自身にも変われる素質があったのだと思います。
それはそれまで孤独ながらも真面目に生きてきた結果でしょう。
一方、自由気ままな一人の生活を送っていたおじいさんの方も孫と暮らすようになり、四苦八苦しながらも楽しんでいる様子が伺えます。
余計なことは語らない無口なおじいさんですが、優しさがにじみでておりそれでいて時には厳しい部分も見せてくれます。
「こんなおじいさんがいたらいいのにな?」と誰もが思ってしまうような理想のおじいさん像となっているのではないでしょうか。
そして友達と野球をしたり探検に行ったり。
過ごす普通の夏休みの光景がとても鮮やかに描かれています。
対照的なのは母親である。
母子家庭で必死に子供を養ってきどうしたら自分らしく生きられるのか苦しんでるような気がして気の毒に感じました。
すがすがしさの中に少しの悲しさが垣間見えるそんな作品です。

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

チョコレートマフィン

20110213.jpg
明日のバレンタインに備えて義理チョコ&友チョコ用にチョコレートマフィンを作ってみたよ。
しかーし、めっちゃひび割れてめっちゃまずそう・・・(T_T)
こんな変なマフィンをあげなきゃならないなんて恥ずかしずぎる・・・。
しかし他に用意してないからこれをあげなきゃならないと言う悲惨な状況の私です。
来年は潔く市販品を買うか(^_^;)

テーマ : バレンタインデー
ジャンル : グルメ

キャットタワー大好き

20110212.jpg
新しいカメラで撮影したさくらにゃんです(=^・^=)
今日も元気、元気。

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

デジカメ買いました

20110211.jpg
以前のデジカメは3年ほど使用しましたが、水が入ってしまったのかレンズに黒い斑点がついてしまいました。
思い切って買い換えましたよ?。
今までのデジカメ、とっても気に入ってたので同じシリーズのを買いました。
お値段はなんと¥11,800円の安さ。
LUMIX DMC-FX35→LUMIX DMC-FX66になりましたよ。
見た目全く同じですねぇ。
今度は大事に使わなきゃ。

それにしてもヤマダ電機で「デジカメほしいんですけど」と言ったら「担当者が接客中ですので番号札を持ってお待ちください」と言われました。
「買うのは決まってるので在庫出していただけばいいんですけど」と言ったのですが「担当者からしか出せません」とのこと。
かれこれ10分ぐらい待たされましたよ。
こんなこと初めてだったからびっくりしました。
いつからそんなシステムになったのか知りませんけど、いつ接客が終わるか分からないし買うのやめようかと思いましたよ。
この先よっぽどのことがない限り行かないでしょう。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

チーズフォンデュ

20110210.jpg
今さらだけど初めて食べました。
おいしかったよ(*^_^*)

テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

フォレスト・ガンプ/一期一会

IQ75のフォレスト・ガンプ少年は学校でいじめられる日々だがただ一人、父親から性的虐待を受けている少女、ジェニーと大親友になる。
そして足の速さが武器になりとんとん拍子に大学進学、そして軍隊への就職が決まる。
そして軍隊でもベトナムでの前線にて得意の足の速さで負傷した仲間を次々と助け出す活躍をして表彰をされる。
しかし助け出された一人ダン小隊長は両足を失い、戦場にて死ねなかったことで自分を助け出したフォレストを責め続ける。
ところがそのわりにその後もフォレストの傍から離れようとしない不思議な男である。
軍隊を辞めたフォレストは軍隊で一緒だった亡き友との約束を果たすためダン小隊長とエビ漁業をはじめ、運の強さが幸いして大成功し有名人になる。
一方ジェニーはフォレストとは対照的に荒れた生活を送っていたが、ある日フォレストの前に現れずっと自分を愛してくれていたフォレストの愛を受け入れる。
ところがあくる朝ジェニーの姿はなく、失望したフォレストはひたすら走り走り走り続けること3年、地球を何周もしまたもや有名人になる。
唐突に走ることをやめたある日、愛するジェニーから手紙をもらったフォレストはジェニーに会いにいく。
そして知らされる真実とは・・・。

とっても有名な映画ですが、先日初めて観ました。
ストーリーはとてもよくまとまっていて分かりやすく、出演者の演技もうまいため最後まで惹き込まれて見入ってしまいました。
IQが低いフォレスト少年が一体どう生きていくのか・・・と最初はドキドキしましたが運の強さ、足の速さ、誠実な性格が非常にうまく絡み合い順調な人生を歩み続けることとなります。
観ていてすがすがしい気分になります。
一方ジェニーの方が気になります。
子供の頃に受けた傷は大人になってからもなかなか癒えることがないのでしょう。
深くえぐられた傷は何十年も痛み続けます。
けれどもフォレストによって本当の愛を受け止め幸せを知ることが出来たのではないでしょうか。
この映画、主人公のフォレストはもちろんのこと、脇役のダン小隊長がすごくいい味を出しています。
いい人なんだけど人間臭くてちょっぴり笑える。
元気と勇気をもらえる映画です。
そしてどんな出会いもすべて意味があるのだと・・・そう思わせてくれます。

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

うさぎちゃん

20110206.jpg
これ、パンなんですよ。
その名も「にんじんうさぎ」。
めっちゃかわいいと思いません?
しかも米粉で出来ててもちもちしてと?ってもおいしいんです。

テーマ : パン
ジャンル : グルメ

今日は真面目な話

男女平等って一体何なんだろうなって思います。
男女雇用均等法によって特をした女性ってほとんどいないのではないでしょうか。
収入は変わらないのに今までよりよりいっそう女性の負担が大きくなっただけなのではないかしら?
男性から命令されて女性が重い荷物を運んだり、自分よりずっと収入が多い男性と食事をして割勘させられたり、車の運転をしてると後続の男性が運転する車からあおられたり、そんなことって昔はあんまりなかったような気がします。
それはもしかして私が「若い女性ではなくなってしまった」ことも要因のひとつなのかもしれません。
けれどもしっかり性的な目では見られて不快な思いをすることはしょっちゅうなのだから女性として見られていないわけではないのでしょう。
はっきり言って今の状態は女性としてのメリットってゼロです。
世の中から男が消えてしまえばいいのに・・・とまで思ってしまう今日この頃。

女性を性的な目で見るのなら重い荷物を運んでください。
たまにはおごってください。
車であおるのもやめてください。

育児休暇をとったり出産に立ち会ったり、私はそんなことが優しさだとは思わない。
イベント的じゃなく日常的に自然に優しさを見せる男性は残念ながら私の周りにはひとりもいません。
何だか私は最近すごく生きにくさを感じてしまうのです。
注目されればされるほど損をしてしまう・・・そんなこの頃だから余計に目立たずひっそりと生きたいのでしょう。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

NEW作品

20110204.jpg
肉球模様をつけてみました。
しかし肉球って普通4つあるっけ?
ひとつ少なかったー(T_T)

陶芸教室に行くと、いつもどんどんと落ち込んでいき最後にはどよーんと暗くなってしまいます。
なぜなら全くうまく出来ないから。
未だにロクロで成形できないし、うまく出来ないと精神的にも体力的にも相当疲れてしまいます。
趣味で通ってるのになんで毎回こんな落ち込まなきゃならないかなぁ・・・と思いつつ。
やっぱ私って何やらせてもダメみたい。
何度ロクロ諦めようと思ったことか・・・でもロクロがしたくて始めたから何とか気合い入れてやってます。
人の10倍ぐらい時間がかかってもいつかやり遂げることが出来ると信じて・・・。
でもたまにうまくいったときには元気になります。
うふふのふ?って感じ。

ちなみに写真の作品はロクロ成形ではなくタタラ成形です。
タタラも楽しいですよ。

テーマ : 陶磁器、陶芸、作陶、焼成
ジャンル : 趣味・実用

鮭の南蛮漬け

20110202.jpg
実家から大根をもらったので大根ナムルと大根サラダと大根の味噌汁も作ったよ。

いつも夜の9時から「きょうの料理」を見てる私ですが、「きょうの料理」が終わったあとの「きょうの料理ビギナーズ」という5分ほどの番組も続いて見ています。
この番組、たった5分なのにあなどれない・・・!
「へ?、そうなんだ!!」って事が結構あります。
そしてその後9時半からの番組もそのまま見ることもしばしば。
大好きだった「グラン・ジュテ?私が跳んだ日?」は終わってしまってショックですが、 「毎日がイタリアン」は日本の料理番組と全然違って見てるだけでおもしろいし、「きれいの魔法」は大人のメイクアップ特集をやってくれるのでとても参考になります。
「すてきにハンドメイド」ではとても分かりやすく服などの作り方を説明してくれるので手芸が苦手な私でも「ひょっとして簡単に出来るのでは?作ってみようかな」と思わせてくれます。
そしてこれらの番組を見終わったら就寝です。
そんな訳でNHKには楽しませてもらってます。
これからもよろしくお願いしますね(^_^)v

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

ピザ

20110201.jpg
めっちゃ久々に宅配ピザを頼みました。
10年ぶりぐらい・・・?!
なぜか一時期(10年近く)ピザとパスタが好きじゃなくなってたので・・・。
最近また両方とも大好きになりました。
嫌いになった理由も、そしてまた好きになった理由も、そしてピザとパスタがセットの理由は自分でもまったく分かりません。
人生には時として不思議なことが起こるものです。

しかしマックと牛丼は今後絶対に食べません。
安い理由は必ずあるんです。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

misato

Author:misato
猫のさくら と二人暮し。
山登りと映画とヨガとビールが好き。
平凡な日々を気ままに綴ります。
時々酔っ払って変なこと書きます。
以前のブログはこちらです。

リンクフリーです。

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入りサイト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム