FC2ブログ
   
01
7
13
19
20
24
28
31
   

Love Letter

に婚約者を遭難事故で亡くした博子は、彼への断ち切れない思いから今は国道になってしまった以前の彼の住まいに手紙を出してみる。
すると亡くなったはずの彼、藤井樹から返事が来たのである。
驚愕した博子だが、返事をくれた藤井樹は亡くなった彼の以前の家の近くに住んでいる別人、しかも女性だということが判明する。
その女性は、自分にそっくりだと言うことを知る博子。
そして驚くべきことに亡くなった藤井樹と、その女性藤井樹は中学時代同じクラスだったと言うのだ。
もしかして、彼は同姓同名の藤井樹のことが好きで、自分は彼女の身代りだったのではないか・・・。
不安に思い、自分の知らない彼を知りたい気持ちが膨らんだ博子は、藤井樹に彼の思い出を教えてほしいと手紙に書く。
そして二人は手紙のやり取りを続けていくことになる。
同姓同名の男女で同じクラスになってしまった二人は苦痛に満ちた中学生活を送ることになる。
何かあるとカップルのように仕立て上げられ、からかわれる毎日。
そしてクラスメイトの悪巧みに寄り、二人は図書委員にされてしまう。
しかし男子の藤井樹は委員の仕事はさぼり、やたらとマイナーで誰も借りないような本ばかり借りまくる。
読むのが目的ではなく、自分の名前のみが貸出カードに書かれてある本をたくさん増やすことが目的らしい。
そんな彼を変なやつだと思う反面、彼の気持ち、そして自分の気持ちに気がついた大人の藤井樹。
樹の話を聞いていくうちに亡くなった彼への思いをふっ切り、ようやく新しい彼との未来を考え始める博子。
そんな二人の女性の彼への思いが交差する。

なんと17年前に上映されてた映画です。
当時、観たことなかったと思うのですがふと観たくなり借りてみました。
観るまでは、こんなストーリーだとは思ってなかったので意外なストーリー展開にびっくり。
ミポリンが一人二役を演じています。
彼女の演技は素晴らしく、一瞬「?」と思ったもののすぐに一人二役なのだと気が付きその後は混乱することはありませんでした。
亡くなった恋人を思い、亡くなったあとでももっと彼のことを知りたいと思う博子。
同姓同名の苦い思い出しかないクラスメイトを思う樹。
今は亡き彼で繋がった不思議な二人の物語がちょっと切なく、でも切ないばかりではなく時々笑えたりして進んでいきます。
笑えると言えば、変な女が出てくるなぁと思ってたら鈴木蘭々でした。懐かしいなぁ。
小樽の雪景色もすごくきれいで映像からも目が離せませんでした。
唯一、トヨエツのおかしな関西弁がすごくダメでした、個人的に。
スポンサーサイト



テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

フランス料理

20120129.jpg
今日行ったのは、ふれんち懐石touki
写真はメインの肉料理です。
とってもおいしくてとってもお値打ちなんですよ。

テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

たこ焼きオムレツ

20120127.jpg
オムレツの中にたこ焼きが入ってます。
たこ焼きはもちろんレトルト!
上には大根おろしとポン酢がかかってます。
なかなか美味でしたよ~。
(このレシピ、一体何に載ってたのか忘れましたが・・・)

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

冷え対策

20120126.jpg
冷えは万病のもと、と言いますが本当だと思います。
去年までは寒さ対策ゼロで真冬でも超薄着だった私ですが、最近はようやく体を冷やさないようにかなり気を使っています。
そしてこちらのサイトよりルームシューズ&足首ウォーマーを購入してみました。
今、ダブル使用してますがめっちゃ暖かい~♪
来年はレッグウォーマーとか靴下も買っちゃおうかな~。

テーマ : ショッピング
ジャンル : ライフ

秘密の花園(三浦しをん)

那由多(なゆた)は幼い頃、知らない男性にいたずらをされ父親に訴えたが「お前がふらふらしているからだ」と責められる。
他の高校の男子生徒と付き合うようになったこと、母を亡くしたことがきっかけになり、昔のトラウマが蘇り苦しむようになる。
父親は自分を愛している。それは間違いないのだけれど・・・そう分かってはいるのだけれどもやもやとした気持ちが晴れることはない。
淑子(としこ)は誰からも一番の存在になれないことに苦しみ、那由多と翠の間に入り込めないことにも寂しさを感じている。
国語の教師に恋をし、秘密の関係が続いている。
けれども相手はどうやら最近、別れたがっているようだ。
思い切って翠に相談しようとするが翠にあっさりかわされてしまい一人悩む。
翠(すい)は母のお腹の中で死んでしまったらしい兄の存在をいつも感じながら生きている。
人と深くかかわることを避けているが唯一、那由多だけは特別である。
特別を通り越し、恋に似た気持ちを同姓の那由多に抱いているのである。
ある日、那由多が学校に来なくなり、淑子が失踪する。
人と関わることを避けてきた翠は、この出来事に対して自分の取るべき行動について悩む。

那由多、淑子、翠の3人の女子高校生の話です。
それぞれが誰にも言えない秘密を抱えて悩み生きています。
親に対するわだかまり、男性に対する不信感、誰からも必要とされていない孤独感、人と深く関わることに対する不安感、それらは思春期特有のものなのか女性特有のものなのか分かりませんがすべて私にも理解でき、読んでいるうちに思わず一緒になって悩んでいました。
人はみんなどこかで息苦しさや寂しさを抱えて生きているのかもしれません。
でもそれは自分だけに与えられた苦しみなのだと思い込んでしまっていた10代の頃の私。
息苦しいのは自分だけじゃない。寂しいのは自分だけじゃない。
そのことに気付いたとき、少し救われました。
人はみんな孤独だけれど、人との関わりの中でしか得られないことってたくさんある。
傷つけても、傷つけられても、腹が立っても、裏切られても、それでも人と接することってすごく大事なことなんだと思うのです。
那由多が電車の中に対して起こした行動は、正直「よし、よくやった!」と思ってしまいました。
女は男より絶対的に弱い生き物だから男から守られるべきであって、決してストレス発散のはけ口にされたり、利用されたりするべき存在ではないのです。
長い歴史の中で女は蔑まれた自分たちの立場を不満に思い、自然に脱出すべく方法を考え、そして現在に至っているのではないでしょうか。
最近の男がマスオさんが異常に多かったり、家事や子育てを当然のように手伝ったり、外食のときに嫁がお酒を飲んでるのに自分はウーロン茶で我慢して運転手役に徹したり、喫煙出来る場所がどんどん限られてきてるのは過去の男のしてきた当然の結果だと思うのです。
今まで女が虐げられてきた分、これからはますます男が虐げられる時代になることでしょう。

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

サウスバウンド(奥田英朗)

東京に住む小学4年生の次郎は、元過激派で現在無職の父親と喫茶店を営む母親、グラフィックデザイナーの姉と2歳年下の妹の5人家族。
仕事もせず、何かあると大騒ぎしすぐにトラブルを引き起こす父親を疎ましく思っている。
そして美人の姉とはどうやら半分しか血がつながっていないらしい。
そんな中でもそれなりに平凡な日々を送っていたが、ふとしたことで中学生のカツという不良に目をつけられる。
しつこく付きまとわれ悩んだ次郎は、家に居候していたアキラおじさんに仕返しを頼む。
その後2度とカツは次郎に接近しなくなる。
アキラおじさんはどうやら現在進行形の過激派らしい。
そんなアキラおじさんが敵対する組織の一員を殺してしまい、事件に巻き込まれてしまった次郎一家は父親の生まれ故郷である沖縄の離島に引っ越すことにする。
廃屋をリフォームして住む一家だが、電気が通っていないためテレビすら観れない生活や、島民の馴れ馴れしい態度に嫌気がさす次郎。
東京での生活を懐かしく思うが、次第にそんな生活に慣れ楽しんでいくようになる。
しかしそんな平凡な日々もつかの間、今度は住んでいる家の土地が実はリゾート開発の対象になっていて立ち退きを命じられるのである。・
東京にいた頃とは大違いで働き者に変身した元過激派の父親は、頑として立ち退きを拒否し続ける。
そんな父を頼もしく思う次郎。
そして、全面対決の勝敗の行方は・・・?

「空中ブランコ」で有名な奥田英朗さんの小説です。
平凡な少年の次郎が様々な出来事を通して成長していく様子が描かれています。
淡々とした日常と大騒動の両方が混在して、何とも不思議な感じなのですがまとまりがあり、人物が生き生きと描かれ、とても読みやすく仕上がっています。
東京から沖縄に移住したことにより、仕事もせずフラフラしていた父親が働き者でかっこいい男になるところや、毎日イライラピリピリしていた姉が毎日笑いの絶えない明るい女性になったり、子供だと思ってた妹が実は意外にも自分より順応性があったことが分かったり、母親が父親のことをすごく愛しちゃってることが分かるところもすごくいいと思うのです。
情景も目に浮かんで来るようで、特に沖縄のシーンは映像で観たくなりました。
そしたらさっそく映画化してるではありませんか。
さっそく借りようと思ったのですが、何だかすごく評判が悪くて辞めときました・・・本当なら素晴らしい映画になったはずだろうに残念です。
ただ、東京でのシーンも沖縄でのシーンもとても楽しく読むことが出来ましたが、最後の対決の場面はくどくどと書かれていて読んでる途中で苦痛を感じました。
もっともこれは、私の読書力のなさのせいなのかもしれませんが。

テーマ : 読書感想
ジャンル : 本・雑誌

ザ・パン教室

20120122.jpg
今日のメニューは

・チーズカンパーニュ
・ココナッツレモン
・寿はじめ
・大根とカリカリ鶏のサラダ仕立て

でした。

さてさて先日のゴキブリの話には実は前編があります。
しかしその話はあまりに壮絶過ぎ未だに心の傷が残り後遺症があることと、まだ終結していないと思われるためとても書けません。
完全に終結し、心の傷が癒えたら笑い話として書きたいと思います。

テーマ : パン
ジャンル : グルメ

買い物中毒症、そして飽き性

20120121.jpg
これ、1年ほど前に「手作りアクセサリーを作ろう!」と思い立ち集めた材料です。
しかし数個作っただけですぐに飽きてしまい、この大量に買い集めた材料たちはこのように放置状態になっています。
買い物中毒症&飽き性にもほどがあるって感じですよね~・・・。
ちなみにこの前には「手作りカードを作ろう!」と思い、またまた材料を集めたものの、数個作っただけで飽きて放置状態です。
学習能力ゼロかい!
アクセサリーを手作りされてる方、材料差し上げますのでご連絡ください(^_^)v

さて、先週紛失したきゅうりと片方の靴下、発見されました!!
きゅうりは実家に置き去り、靴下は実家の前の道路に置き去りになってたそうです。
ちゃん、ちゃん!

続きを読む

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

八日目の蝉

家庭のある人を愛してしまった希和子は妊娠するが、不倫相手から中絶するよう頼まれ子供を諦める。
しかし同時期に相手の奥さんも妊娠しているたことを知り、家に忍び込み産まれた子を誘拐してしまう。
指名手配され、行き場を失った希和子はふと目に付いたポスターの怪しげな宗教団体「エンジェルホーム」に逃げ込む。
最初は慣れない赤ん坊の世話に困惑する希和子だが、その子を愛するようになり「薫」と名付けかわいがる。
しかしエンジェルホームに取材が入ることになり、指名手配されている希和子はそこにもいられなくなり薫と小豆島に逃げる。
小豆島はエンジェルホームで親しくしていた女性の故郷である。
彼女の実家の素麺工場に辿りついた希和子は彼女の親の好意でそこで雇ってもらえることになる。
島の人たちから親切にしてもらい、平和な日々を送る「親子」。
しかし島の祭りの写真が新聞に掲載された事により、希和子は逮捕されてしまう。
無事、本当の両親のもとに戻った薫改め恵理菜だが、希和子を本当の親だと思い込んでいたため、本当の両親になじめず母親は深い悲しみに包まれる。
その悲しみは怒りと変わり、自分でもどうしようもなく恵理菜につらく当たってしまう。
父親は誘拐犯の愛人と世間から冷たい目で見られ仕事場を転々とする日々を送る。
そして恵理菜自身も不倫をし、産んではいけない子を身ごもってしまう。
誘拐によりバラバラになってしまった家族。
そんな彼女の前にエンジェルホームで一緒に暮らしていたと言う千草という女性が現れる。
彼女と一緒に誘拐した母と暮らした小豆島を訪れることにした恵理菜。
そこで彼女が目にする光景は、彼女に一体何をもたらすのか。

不倫相手の子供を誘拐して育てるとゆう斬新なストーリーに興味を持ち借りてみました。
借りて正解。すごく面白くて最後まで目が離せませんでした。
ストーリーはとても悲しくて、誘拐した希和子が悪いと言えば悪いのでしょうが、彼女の気持ちを考えると一概に悪いと責めることはできないでしょう。
戻って来た恵理菜につらく当たってしまう本当の母親もまた、観ていて悲しくなってしまいます。
女の目線から見ると、妻がいながら愛人を作り両方ともに子供を作った男が腹ただしく感じます。
しかし彼もまた、仕事を転々とする過酷な人生を送ることになり、自分のしたことの罪を償う結果となります。
一番かわいそうなのは、言うまでもなく誘拐された子供です。
何も悪いことをしていないのに母親から責められるのは自分が悪いんだと思い込み謝り続け、人と関わることより、一人でいることを選択して日々を過ごす恵理菜はあまりに悲しすぎます。
日常茶飯事的にある些細な不倫が多くの人の人生を不幸にしてしまう結果になるとは、不倫もしっかり考えてしないといけませんね。
小池栄子演じる千草という女性もいい味を出しています。
今度はNHKで放送されてた連ドラの方(壇れい主演)も観たいな、と思ってます。

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

最悪な日

今日は散々な一日でした。
朝から会社の上司に八つ当たりをされ大喧嘩。
その後は他の男性社員のミスをお客さんからひどく責め立てられる始末。

女性に八つ当たりをする男。
自分のミスを隠し、女性のせいにする男。
男のミスを関係のない女に責める男。
・・・男ってこんなにろくのない生き物だったの?
いつから?昔から?
それとも私のいる環境だけ??
「バーカ!!ふざけんな!女をなめんなよ!!」って心の中で何回も叫んだよ。

しかし、こんなことは序章に過ぎなかったのです。
帰宅したらチャバネゴキブリの死骸とチャバネゴキブリの卵の殻が・・・(T_T)
・・・最低やん。
これから戦いが始まります。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

レンコンミートスパ

20120116.jpg
「きょうの料理」で放送されてたレシピです。
簡単なのに本格的っぽいミートスパが出来ました。
しかもレンコンのシャキシャキ感がおいしい~♪

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

ワカサギの唐揚げ

20120115.jpg
ワカサギの季節だね。

さてさて、不思議なことが2つ。
先ほど実家からもってきた靴下の片方と、きゅうりがありません。
靴下はいいとしても、きゅうりがどこかで腐ってしまったら嫌~!!
でも散々探したけどどこにもないのです。なぜだ?!

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

朝日が差し込む吹上公園

20120114.jpg
名古屋に行って来ました。
ちょっとお散歩。

テーマ : お散歩・お出かけ
ジャンル : ライフ

茶色猫さくら

20120112.jpg
あらあら、これは本当に黒猫??
めっちゃ茶色なんですけど。

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

しゃぼんビール

20120111.jpg
毎日ビールを飲んでますが、こんな光景に出会うのは初めて。
ちょっとミラクルではないですか?

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

めっちゃドラマ日和

20120110.jpg
正月休みの間、「白夜行」と「ホタルノヒカリ」の全クール分レンタルして観てました。
異常な借り方ですね・・・って私にとってはいつも通りの借り方ですが(^_^;)
めっちゃ暗い話とめっちゃ明るい話とゆう・・・しかも両方とも綾瀬はるかだし。
「白夜行」はすごく良い話です。
テレビ放送されてたときにも観てたけど、結構泣きました。
でも一番泣いたのは「ホタルノヒカリ」のラスト辺り。
しかも!!泣いてる途中に突然DVDが停止して終わってしまいました。
どうやら不良品のようでした。
せっかく感動的ラストに泣いてたのに何だか途中で放り出された気分でがっくりきました。
いつかちゃんとラストを観よーっと。

写真は「白夜行」を必死のまなざしで観続けるさくら。
このドラマ、なぜかさくらも結構一緒に観てたんだよね~。
どこまで分かってるのやら?(っていやいや、何も分かっちゃいないでしょう)

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

ベリーヨーグルトパフェ


私ってミニストップ行き過ぎですよね(^-^;
パフェがやめられない止まらない…。

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

山散歩


山登りしたよ。
と言っても近所の小さな山ですが。
かつて、「週に1度は山に登ろう!」と決意したにも関わらず、週1どころか、せいぜい年に1度程度しか登っていない私です。
一体どんだけ弱い決意なのでしょう(^-^;
週1は無理でも月1ぐらいは登れるといいのですが。

テーマ : スローライフ
ジャンル : ライフ

病院探し

20120106.jpg
珍しく外を眺めるさくらにゃん。

さーて最近よくゲーゲー吐くのでさくらにゃんを動物病院に連れて行きました。
元気もあるし、食欲もあるし、痛みもないようなので、胃炎か胃の動きが悪くなってるだけだろうってことで薬を処方してもらいました。
とりあえずほっとしましたが、1週間様子見です。
帰宅してからさっそく薬を飲ませたらその後、私を見て逃げるではないですか!!
まるでお風呂に入れた後のように・・・がーーん(T_T)

それにしても、引越し後の一番の悩みが病院探し。
人間の病院も動物の病院も信頼のおける病院を見つけるのはとても困難・・・ですよね。
美容院とかなら失敗しても数ヶ月我慢するだけで済むけど、病院で失敗したら命に関わるので慎重にならざるを得ません。
今日初めて行った動物病院はどうかな~?こっちもしばらく様子見です。

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

ローズヒップ入り石けん

20120105.jpg
ローズヒップは飲んでもおいしいけど、石けんに入れてもきれい。

テーマ : ナチュラルライフ
ジャンル : ライフ

おろしカツ

20120104.jpg
今年初めての料理です。
今読んでる本「サウス・バウンド」に出てきてどうしても食べたくなってしまったので作りました。
大根はもちろん自家製です。

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

2012年の空

20120103.jpg
とってもきれいな冬の空。
2012年は明るい未来が待っていますように・・・。

テーマ : 季節を感じる
ジャンル : ライフ

久々に・・・


新年早々、花の苗を買いました。
プリムラだったかな・・・?
とってもかわいいでしょ。

テーマ : ***ベランダガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

あけおめ!


今年もよろしくお願いしますm(_ _)m

さーて今日食べたのはミニストップのティラミスプリンパフェ。
元旦から何食べてるんだ!って思わないでねー(*_*;

テーマ : コンビニグルメ
ジャンル : グルメ

プロフィール

misato

Author:misato
猫のさくら と二人暮し。
山登りと映画とヨガとビールが好き。
平凡な日々を気ままに綴ります。
時々酔っ払って変なこと書きます。
以前のブログはこちらです。

リンクフリーです。

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入りサイト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム