FC2ブログ
   
02
1
8
17
20
23
24
25
26
27
28
29
   

ブラック・スワン

バレリーナのニナは、白鳥の湖の主役に抜擢される。
歓喜に打ち震えるニナだが、その一方でプレッシャーに押しつぶされそうになる。
また、過保護な母親から執拗な束縛、憧れの花型バレリーナ・ベスからの屈辱的な言葉、同じバレエ団のリリーからの嫌がらせなど重なり精神的に参ってしまう。
薬物にも手を出してしまい、現実と幻覚の区別がつかなくなっていくニナ。
しかし、絶対に主役を誰にも渡したくない彼女は異常なまでの練習に取り組む。
不安定な心身のニナは、公演初日に寝坊をしてしまい慌てて楽屋に着くとリリーが代役として主役を務めることになったと言われる。
ニナはそれを振り切り舞台に上がるが大失敗をして舞台の上で転んでしまう。
そしてさらなる悪夢がニナを襲う。
舞台の途中、出番のない合間に控え室に入るとリリーから続きの舞台は自分が引き継ぐと言われ、逆上したニナは割れたガラスの破片でリリーを殺してしまう。
果たしてこれは現実なのか幻覚なのか、そして舞台はどうなってしまうのか。

超有名なこの映画、ようやくレンタルしました。
最初から最後までとにかく痛そうで、「もうやめてー」と思いながら観てました。
主役のニナ演じるナタリー・ポートマンは30歳だそうで・・・映画を見てるときには20歳そこそこにしか見えなかったのでびっくりでした。
清純そうなニナがエロティックになっていくところや、正統な白鳥の役しか演じることのできないと思われてたのに講演で見事に激しい黒鳥を演じるところは、迫力の演技で見入ってしまいました。
おそらく芸能界の世界なども一緒なのでしょうが、バレエの世界の生存競争をかけた戦いがすさまじくて、私だったら恐ろしくて主役に選ばれても断ってしまいそうだと思いました。
「私、脇役でいいです・・・」みたいな。
それにしても、ストーリーよりも演技がすごい映画だと思いました。それも半端なく。
そして観終わったあとの何とも言えない興奮感は、まるで自分が映画の中に入り込んで、本物のバレエの公演を観に来た観客のような気分でした。
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

プロフィール

misato

Author:misato
猫のさくら と二人暮し。
山登りと映画とヨガとビールが好き。
平凡な日々を気ままに綴ります。
時々酔っ払って変なこと書きます。
以前のブログはこちらです。

リンクフリーです。

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入りサイト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム